29歳の抱負

最近、29歳になりました。お祝いしてくれた家族や友達に感謝です。ありがとうございます。SNSでメッセージをくださった方もありがとうございます。

私は社会人になってから紙の日記をつけています。『5年日記』という形式で、1日あたりの文章量が少ないので、日記を何度も挫折した自分が5年も継続して書き続けています。『5年日記』は、1ページでとある1日を5年分振り返ることができるのでおすすめです。

2020年は私にとって『5年日記』2冊目突入の年です。そして、20代最後の大切な年です。しかし、ここ数ヶ月はその日記もサボってしまうくらいコンディションが良くありませんでした。これを変えるためにブログに抱負を書くことにしました。

緊急事態宣言による自粛ムードは、思うように前に進めていない自分に対して、過ぎた時間が戻ってこない事実に対する焦りを強くしています。どんなに環境が変わっても、2020年という1年は淡々と過ぎて、二度と戻ってくることはありません。

「20代最後の年をこのままで終わらせたくない。」という気持ちが強くなってくるのは、自分が変えるべきことを変えられず、次に進めていないからです。何かを変えないといけない。

抱負

自社サービスという仕組みによって収益を上げている経営者になる。

  • 自社サービスとは、Webアプリケーションを通じて提供するサービス
    1. コンサルティングなどの無形サービスは含まない
    2. データ利活用領域に特化したサービス
    3. これまでの自分の実務経験を活かせるサービス
  • 経営者とは、次の3つの条件を満たしている人のこと
    1. 仕組みで稼いでいる(Not 労働集約型)
    2. 人を雇用している(Not 一人)
    3. 時間で仕事をしない(Not 人月契約)

上記の3条件は、「経営者をやっている」と自信を持って言える自分なりの条件を考えただけです。

一人でできることは、小さい

フリーランスになったことで良かったこともあります。フリーランスで働けているということは、専門性を一定水準まで到達できている事実の証明です。これは自信になっています。3年前に新卒で働いた会社を退職した際は、稼いでいくことすら大変だったので、不安定だとしても事業所得で生活基盤を作れている事実は、自分自身に自信を与えています。

その結果、正社員を採用することはできていませんが、賃金を支払い、人に業務を依頼できるようになりました。人に業務を依頼することで得た経験は大きいです。

「時間で仕事をしない」を実現できない

データ分析やコンサルティング業務の契約形態は、基本的に『準委任契約』です。

受注者が約束した時間だけ「発注者の仕事を手伝ってあげる」「代わりにやってあげる」という契約で、仕事を完成させる義務を負いません。

準委任契約(じゅんいにんけいやく):法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(2) – @IT

この契約形態で仕事を依頼してくださっていることは、大変有り難いことです。義務がないことで、不確実性の高い業務に対する責任を追及しない仕組みになっています。

日本においても「リモートワーク」は強みではなくなった

フリーランスは、出社義務が無ければ工夫次第で生産性を上げることが可能ですが、上記の契約で仕事をしている以上、自分の業態では難しい。また、コロナ禍でリモートワークが定着せざるを得ない状況で、フリーランスでリモートワークすること自体、強みではなくなりました。

経営者にならなければ、これ以上の成長はない

これが自分の「前に進めていない焦り」の答えです。人月契約(作業時間による契約)で労働時間に制約があり、会社員でもリモートワークができるようになっている以上、フリーランスでいる自分に大きな成長を感じなくなってしまいました。

結局、時間とお金の話はバランスに帰着します。今こうした抱負を立てているのは、個人レベルでお金の問題が大きな問題になっていないからです。

フリーランスで日銭を稼ぐ経験は今も変わらず貴重な実務経験になっています。新卒でサラリーマンをやっていた当時の自分と比較すれば、今の形態でも組織に所属せず所得を得ている事実は圧倒的な成長を実感させてくれます。

しかし、「フリーランスとして働くことで社会に役立てることは本当に小さい。一人が独立して食っていくことなんて大したことじゃない。」そう考えるようになりました。

これはフリーランスで働かれている方々をディスっている話ではありません。今の自分のフリーランスの働き方が自分の夢に一致しなくなってきたという話です。

私は、今の日本に役立つサービスを作って提供していきたい。特に、仕事でシンガポールや中国に行き、この気持ちは年々強くなっていきました。今年の2月にアメリカに行って、この気持ちを止められなくなりました。

今年の年末には、「世の中に対して俺はアウトプットできた。」と実感したいので、改めて自分に発破をかけて29歳の1年を邁進します。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です