ABOUT

■自己紹介

1991年生まれ。北海道出身。2018年7月10日にユウド合同会社を創業しました。会社員としてデータ分析やプロジェクトマネジメントの実務を経験しながら、講師やデータ分析業務も行っていました。2019年の後半から独立してフリーランスになりました。

2020年は株式会社に組織変更して、一人ではなくチームで、受託ではなく素晴らしい自社サービスを作ることが目標です。「スタートアップ」は科学的な経営手法で急成長する会社を創る方法だと思っていて、1プロダクトで急成長するスタートアップの経営者になりたいです。

エンジニア界隈のオープンにアウトプットする文化が好きです。だから、このブログを自分のペースで書きます。

■どんなサービスを作りたいのか?

現在、課題インタビュー中です。ビジネスの成果に直結するデータ分析を実行できるチームを作れるサービスを考えています。海外ユーザーにも使ってもらえるサービスを作りたいです。

7年前に中国に留学したことがあります。当時、パクリ文化の中国を批判する人も少なくありませんでした。しかし、7年後の日本は中国のQRコード決済をパクっています。パクることの善悪よりも、日本が学ばれる側ではなく学ぶ側になった事実にショックを受けました。

また、とある起業家に「世界に目を向けない、20代の起業家なんかには投資しない」と言われて無性に悔しかったので今年の2月にアメリカに行きました。もちろん、サンフランシスコ・シリコンバレーにも行ったのですが、昔テレビで見たようなTOSHIBAの広告はないニューヨークのタイムズスクエアを見て、自分が生きている日本は昔みたいに金銭的にも豊かじゃないんだなーと肌で感じました。そういった経験が自分にとっては結構ショッキングでした。

そんなことがあったので、北米や中国の急成長するサービスをつくる経営手法を学びながら、最終的には外貨を稼いで国内に還元できるようなサービスを作りたいです。だから、Tresure Dataの芳川裕誠さんをはじめとする創業メンバーをカッコいいなーと思っていて、尊敬しています。

■好きな本

キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論(ジェフリー・ムーア著)

ムーア氏は文学部博士号ですが、素晴らしいハイテクノロジー企業の経営者だったので自信をもらいました。この本を読んで彼がすごい経営者だなと思った理由は、顧客を年齢や性別ではなく心情で分類したからです。「顧客の気持ちが違うなら、当然、売り方も変わってくるよね?」というメッセージと具体的な考察と対策が論理的に書かれています。

Measure What Matters(ジョン・ドーア著)

ドーア氏もコンピュータサイエンスではなく電気工学の修士卒です。その後、ハーバード・ビジネス・スクールで経営学修士号を取得しました。北米で活躍している経営者は、いわゆる理系的知識だけではなくて経営学についても関心があるなぁと思います。

OKR(Object:目標 と KeyResult:主要な結果)という仕組み自体よりも、それがインテル社アンディー・グローヴ氏が作った経営管理手法であることを知れたことが収穫でした。

この2冊が好きな理由は、自分の頭で考えた独自の手法やフレームワークを使って会社を急成長させたからです。だから、色んな手法を学んで実践しつつも、最終的には自分の頭で考えていろんなことを実行しよう!と意識しています。

■主な経歴

大学卒業後、国内独立系コンサルティングファームに入社。Webメディア運営企業にてフロントエンドエンジニアの実務経験を経て、AI開発受託ベンダーのスタートアップ企業に入社。データサイエンティストとしてエンタメ・製造・小売・通信・金融・外食など幅広い業界のデータ分析、AI開発プロジェクトマネジメント業務に従事。現在、起業準備中。

■社外活動

  • SOMPOホールディングス株式会社 DataScienceBootcamp 講師
  • デジタルハリウッド株式会社 G’sACADEMY DataScienceコース 講師
  • SOMPOホールディングス株式会社 D-STUDIO 運営理事(2018)

■登壇

  • 株式会社ウフル ゆるふわマシーンラーニング#1〜(2019)
  • グロービス経営大学院 実践ITビジネス勉強会(2018)

■執筆・著作

Nuxt.jsとPythonで作る!ぬるさくAIアプリ開発入門 データ分析からAIアプリ開発まで優しく解説! (技術の泉シリーズ(NextPublishing))