DAY1 安くても惨めじゃない

サンフランシスコ(以降、SF)の前半数日間は友人家族と一緒に過ごす予定だった。しかし、都合により自分一人で過ごすことになった。SFは天気が本当に良い。過ごしやすかった。FacebookやAppleといった世界的に展開するサービスを提供する企業がこの地域に本社を構えている理由はわからないけれど、年中こんなに過ごしやすい気候だったら、自分もこんな地域にオフィスを構えたい。そう思った。

Abnbから外に出たところ。路地

特にマウンテンビューは一瞬でお気に入りの場所になった。それもそのはず、マウンテンビューは、サンフランシスコの高級住宅街にあたる。集合住宅よりも昔ながらの戸建てが立っている印象。このとき、自分はまだダウンタウンには行っていないため、SFは落ち着いた街だなーと思っていた。

まる二週間の旅行なので、日本での仕事を2月前半に詰め込んだ結果、初日から体調不良だった。しかし、アメリカに来たからにはコーラとハンバーガーを食べなければ意味がない。大好きなハンバーガーを食べれば元気になるだろうと思い、最寄りのハンバーガー屋さんへ向かった。

In-N-Out burgerと出会う

最寄りと行っても、歩いて20分くらい。やっぱりアメリカは車社会だ。GoogleMapでハンバーガー屋さんを検索してみると、「In-N-Out Burger」というお店を見つけた。そこに行ってみることにした。看板は、マクドナルドの赤と黄色を使ったものとそっくりだ。アメリカにもパクリはあるんだなーと思ったが、マクドナルドも何が本物かどうかはわからない。詳しくは、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を見ればわかる。

マクドナルドの創業秘話に関する映画。面白い。

早速、ハンバーガーセットを頼んでみた。店内には、注文したハンバーガーを待っているお客さんもいたので、自分はすっかりクオリティーの低いハンバーガー屋さんなのかなと思っていた。

飲み物は大きな紙コップだけ渡されて、自分でドリンクを注ぎに行くスタイル。ハンバーガーは柔らかめなバンズでパテはステーキっぽさのない一般的なミンチパテ。ポテトは見かけは硬そうなのだが、油で重すぎるといった印象はなかった。

つまり、想像していたよりも美味しかったのだ。

In-N-Out burgerで頼んだハンバーガーセット(確か8ドルくらい)

In-N-Out Burgerについて調べてみた

気になって、In-N-Out Burgerについて調べてみたら、面白い記事が見つかった。

「新鮮」といっても、その意味は深い。すべての食材は500マイル(約800キロメートル)以内の産地から仕入れたもので、ハンバーグもフライドポテトも注文を受けてから調理する。通常のファストフードならば、紙に包まれたハンバーガーや少し前に揚げられたフライドポテトがヒートライトの下で注文を待っていたりするが、そうしたことはイン・アン・アウトでは許されない。イン・アンド・アウトには、電子レンジや冷凍庫もないのだ。

35歳で億万長者、米「ハンバーガー姫」の素顔 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

道理で美味しかったわけだ。待っているお客さんの姿はお店が人気である証だし、待っているお客さんがイライラしていなかったのは、このハンバーガー屋さんの「新鮮さ」を理解しているし、期待していたからなんだなと思った。

2017年時点で年商は8億7000万ドル(日本円で1000億円弱である)の成長企業だった。直営店というこだわりはスターバックスコーヒーを彷彿とさせる。

引用した記事には、創業者の孫である『ハンバーガー姫』の人生についても少しだけ書かれており、いろんな大変なことがあっても企業を成長させ続けた内容は、アメリカで過ごす2週間を有意義に過ごそうという気持ちを強くしてくれた。

後日、このハンバーガー屋さんについてSF在住の方に聞いてみると、昔は白人しか雇用しないというカルチャーだったらしい。差別という点では問題であるが、こだわりという点では妥協しない姿勢を感じる。競合がいる場合、自社だけが持っている魅力の追求に妥協はしていけないんだ。

安くても惨めな気持ちにさせないファストフード

現在の社長である彼女が経営を引き継いだのは2010年。リーマンショックから2年後である。当時の景気を思い出せないが、あまり良くなかったと思う。

やや高めだけれども、新鮮で安全なファストフードハンバーガーであるイン・アンド・アウトは、景気低迷時でも順調に売り上げを伸ばしていたことで知られる。安くても惨めな気持ちにさせないファストフードは、まさに人々が求めていたものなのだ。そこには、儲けを上げるだけではなく、いい食事を提供したいという創業以来の同社の信念がこもっていると言ってもいいだろう。

35歳で億万長者、米「ハンバーガー姫」の素顔 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

私はこの企業が提供するハンバーガーのコンセプトがめちゃくちゃカッコよくて感動した。正直、In-N-Out BurgerにはSHAKE SHACKのようなオシャレさはない。きっと、旅行中に恋人とのデートにこのお店を使ったら、恋人は喜ばないだろう。

でも、アメリカ全体が不景気に陥っているなかで、安いからと言って不健康ではない食品を提供すると決めたこのコンセプトは、アメリカ全土を豊かにするコンセプトだ。

豊かになることは、庶民が誇りを持てること

不景気になっても、つらい状況になっても、いつも食べていたハンバーガーが食べられるというのは、勇気をもらえる。賞味期限切れのどんな油であげたか分からない加工食品ばかり食べていて、もう一度頑張ろうって思えるだろうか。多分、そんなに人間のメンタルって強くないと思う。

健康的なハンバーガーを提供し続けるIn-N-Out Burgerは、庶民にとって、誇りを持てるお店だ。豊かになることは、特別に一部の人だけが得られるものを誰もが得られるようにすることだ。使ってくれるユーザーが誇りを持てるようなサービスを作ろうと強く思った。

私は今データサイエンティストとして働いて、有り難いことに市場のニーズや期待があるから、数年の実務経験で食っていけている。需要過多だからだ。

現在、日本の企業の多くは専門性の高い人材を採用する財力がない。コロナ禍でこうした企業は増加の一途をたどる。今の日本は、データ利活用やAI開発が専門性の高い領域としているが、本当の豊かさは、この領域を専門性のある特別な領域にしないことなんだと思う。

自分がお金があまりないときに、不健康じゃない食品を食べれる機会を与えてくれるIn-N-Out Burger のように、私はお金がない企業に対しても、データサイエンスプロジェクトを推進できる機会を与えたい。

DAY1の気づき・学び

  • ユーザーが理由に納得しており提供価値が勝っていれば、サービスの弱点を気にしない
  • 庶民が誇りを持てるサービスは生活だけでなく、心も豊かにする
  • 専門領域と一般領域にすることが、豊かさにつながる側面もある

ぬるさくAIアプリ開発入門が商業版になりました。

こんにちは。@hidefknです。この記事は、技術同人誌 Advent Calendar 2019 23日目(の予定だった)記事です。気づけば2020年の1月も過ぎてしまっていました。

本記事で書いていること

  • 商業版を出版したこと
  • 執筆しようと思ったきっかけ
  • まとめ

商業版を出版しました

同人誌ではページ数は115ページでしたが、商業化にあたってページ数は1.5倍の175ページまで増えました。同人誌との変更点は、画面設計やアプリケーション開発部分の詳細な解説を加筆した点です。

ぬるさくAIアプリ開発入門とは

技術書典7 にて、Nuxt.jsとPythonでつくる『ぬるさくAIアプリ開発入門』 を執筆・販売しました。当日は300部完売することができました。同人誌のオンラインマーケットであるBOOTHでも販売しています。12月23日現在、いいね!が140以上の評価をいただき、未だに定期的に買ってくださるユーザーがいます。正直、めちゃ嬉しいです。

Nuxt.jsとPythonでつくる『ぬるさくAIアプリ開発入門』
Nuxt.jsとPythonでつくる『ぬるさくAIアプリ開発入門』

この同人誌を販売したのは、2019年4月です。初めて参加した技術書典で販売した本ですから、やはり思い入れ深い一冊です。ですから、商業版のお話がいただけたことはとても嬉しかったです。商業版執筆に向けて、内容をアップデートしようと共著者と話し合った結果、1.5倍もボリュームアップしました。

本当は2019年中に商業版リリースを目標にしていました。しかし、私自身はもちろん共著者も仕事や他の活動に時間を割いていたため、担当の編集者さんにサポートいただきながら何とか年内に校了した次第です。また、レビューについても共著者の@pco2699 のつながりで、Auth屋さんtomoさんのお力をお借りしました。お二人の同人誌を買わせていただいて読んだことがあったので、お二人にレビューしていただけることは本当に有り難き幸せでした。本当にありがとうございました。

執筆の背景

誰のために書いたのか?

本書は、Web アプリ開発はできるが、どうすれば AI 化できるのかわからないエンジニアデータ分析はできるが、Web アプリ開発をしたことがないデータサイエンティスト のために執筆した本です。

何のために書いたのか?

データサイエンス自体は無料であればYouTube、有料であったとしてもCourseraをはじめとするオンライン教育コンテンツサービスによって、誰もがやる気さえあれば学べる環境です。だからこそ、私自身がなんとかデータサイエンティストとして実務経験を積んでいくことができました。

しかし、データ分析や機械学習の手法論についての技術書はあっても、自分が機械学習を学んでAIアプリを開発しようと思ったときに、1冊で学べる本がありませんでした。それが本書の執筆のきっかけです。

本書の魅力

本書は「データ分析をデプロイしよう」という想いを大切にしています。その理由は、分析し てわかったことをアウトプットしなければ、データが誰かのために役に立つことはないからです。 開発のプロセスを学べることに特化した1冊に仕上がっています。

  1. AIアプリ開発の進め方をステップを追って解説
  2. オープンデータを使ってPythonによる簡単な数理モデルを構築
  3. AdobeXDをつかった最小の工数でのUI設計を解説
  4. Nuxt.jsでアプリのフロントを、PythonでAPIを作る過程を丁寧に紹介

2について深めたいのであれば、世の中にはもっと優秀なデータサイエンティストやkagglerがいて、彼が執筆した素晴らしい技術書があります。その領域において、私に優位性はありません。ですから、彼らに素晴らしい予測モデルを構築したもらうまでの企画設計の考え方やエンジニアに上手な開発のパスを渡せるような画面設計まで網羅的に執筆しました。

その結果、個人でAIアプリ開発をしたいという方には圧倒的にニーズに応えられる一冊になりました。

さいごに

言わずもがな商業版=成功ではありません。自分が書きたいと思うことを自分が好きなように書くことが同人誌の醍醐味です。しかし、同人誌を執筆するためにはある程度時間をかける必要があります。ですから、私は技術同人誌を執筆することに対して、自己満足以外の実利があっても良いと考えています。私はこの一冊のおかげで、次のような機会を得ることができました。

  • 利益が出たことで、次回作の原資に充てることができた
  • 講師の仕事をいただけるようになった
  • 技術書を挫折せずに読めるようになった

技術書典8にも参加し、占いの診断結果テキストから星座を予測するモデルを自然言語処理技術を使って構築する本を執筆しました。個人がデータを集めようと思ったときに、最も集めることが簡単なデータはテキストデータだからです。

あの占いで学ぶ自然言語処理
技術書典8での新刊

こちらの本で扱ったデータは、同人誌だからこそ挑戦できた難しいテーマでした。また、自然言語処理技術の基本解説になるため商業版には至りませんでした。やはり、ぬるさくAIアプリ開発入門は、独自性において圧倒的に強みがあったんだなと思いました。

本を執筆するというアウトプットはこれからも継続したいなとは思っているものの、なにか一つサービスにできるくらいのノウハウを自分の中に貯めていきたいと考えています。ですから、現在は独立して様々なデータ活用プロジェクトマネジメントのお仕事をしています。

本書は新米データサイエンティストの渾身の薄い本でしたので、次に書く機会があったときは、データ活用プロジェクトマネージャーとしての渾身の薄い本を書きたいです。

HACKDAYに参加した3年間を振り返る

今年もHACKDAYに参加しました。まさか、2年前までプログラミング未経験だった自分が年末に3回連続でハッカソンに参加するような人間になるとは思ってもみませんでした。ハッカソンへの参加はHACKDAY2019を最後にしようと思っています。ですから、記念にブログを書きます。HACKDAYとは、公式サイトに次のように書かれています。

テクノロジーを、もっと身近に、もっと楽しく。Hack Dayは、ものづくりの面白さを体験する祭典です。日本最大級のハッカソンや、注目のコンテンツを揃えた体験ブースなど、盛りだくさんのイベントを毎年開催しています。

Yahoo! JAPAN Hack Day 2019より

出場作品・結果

これまで、私たちがHACKDAYでつくったプロダクトは次の通りです。

  • 2017年(初参加) いすとりSONIC Hack賞受賞
  • 2018年(2回目) ScanMe(スキャンミー) 受賞ならず
  • 2019年(3回目) DancePong(ダンスポン) 受賞ならず

HACKDAYを振り返る

初参加でHack賞を受賞。ハッカソンにハマる

授賞式の様子

2017年に通い始めたプログラミングスクールの同期に誘ってもらい、HACKDAYに出場しました。チームメンバーは5名です。プログラミング経験はプログラミングスクールで数ヶ月勉強した程度です。しかし、結果はまさかのHack賞受賞。出場チームの技術力が高く、自分たちは自信を完全になくしており、「表彰式は見ないで帰ろう…」とみんなで落ち込んでいた矢先のビギナーズラックでした。

Hack受賞作品「いすとりSONIC」

我がチームのリーダーである@pco2699のブログに当時の作品について詳しく書かれています。興味のある方は読んでくれると嬉しいです。

Hack賞はプログラミングを学び始めたばかりの私たちに自信を与えてくれました。この賞のおかげで、私たちは他のハッカソンイベントにも何度か出場するようになり、プログラミングスクールの同期という関係性からHACKDAYに参加したチームメンバーという、もっと濃い関係になれた気がします。(私はこのチームで3回もHACKDAYに出場することになるとは、想像していませんでした。)

位置情報をGPSではなく超音波を使うことによって、GPSでは把握できないミクロな位置情報を把握することができる(GPSの弱点を超音波の弱点を強みにすることでHACK)点を評価していただきました。

技術力への挑戦をした2018年、ニコ動の評価は真っ二つに

他の受賞作品の技術力の高さに圧倒された私たちは、翌年の2018年は技術力への挑戦を誓い、ARアプリを開発。

たまたまYoutubeにアップロードしていた動画

このプロダクトは、「スマホで撮影した二次元の人物画像を自動的に三次元オブジェクトに組み込むARアプリ」です。チームメンバーの結婚式のために開発したプロダクトを開発しているときにぶち当たった技術的な課題を解決しようと挑戦しました。それは3Dモデリングのコスト(撮影およびモデリング工数)が高く気軽にリアルな3Dモデルで遊べないことです。

開発中の風景

HACKDAYでは90秒のプレゼンのあとに、展示会(デモ)があります。私たちは、精一杯技術力への挑戦をしたものの、展示会で実際に参加者のみなさんに遊んでもらえないという新しい挫折を味わいました。

主力開発メンバが全力でやっていただけに、悔しい展示会でした。

Hack賞受賞から1年経ったチームメンバーは、私自身はデータサイエンティストに、他のメンバーもエンジニアやIT企業のデザイナーとして働くようになっていました。しかし、2連続受賞とはいかず。一方、2回目の参加ともなると、常連チームがわかってくるので、受賞常連チームが眩しく映ります。

ニコ動での評価は面白いほどちょうどよく「これすき 50.0% : ぼちぼち 50.0%」という評価真っ二つの結果。2連続受賞は行かなかったものの背伸びした開発に挑戦して、評価が半々だったということは、実は本当のイノベーションなんじゃね?なんて言い聞かせましたが、まぁやっぱり悔しいのです。

#使ってもらうって嬉しいね

昨年受賞を逃したリベンジを果たしたい気持ちが強くなればなるほど、#つくるってたのしいね が遠くなる。そんな葛藤を抱えたHACKDAY2019でした。いろいろ考えた結果、今年はチームメンバーの誰かが作りたいものを作って、実際に参加者のみなさんに遊んでもらうことを目標として、当日を迎えます。

実は、このプロダクトアイデアは、11月から始めた打ち合わせ段階から候補にあったものの、直前まで別の受賞を狙えそうな全く別のプロダクトを開発予定でした。#使ってもらうって嬉しいね を意識したプロダクトのニコ動評価は「これ好き」が6割。今年も受賞はかないませんでした。

私は今年最も開発しなかった企画・プレゼン担当だったのですが、開発してくれたエンジニアはデプロイのしやすさを考慮し設計してくれました。3回参加したHACKDAYですが、最も参加者が足を運んでくれたブースでした。遊びに来てくれた皆さんありがとうございました!嬉しい!

実際の展示会風景

実際に遊びたい方はこちらをクリック。

受賞できなかったことはもちろん残念です。ただ、自分たちでつくったものが他の誰かに触れてもらえることはプロダクトにとっては一番嬉しいことかもしれません。参加者が遊びに来てくれるたびに、受賞はたしかな実績と評価であるものの、HACKDAYの魅力の全てではないことを改めて気づかせてくれました。

HACKDAYで得られたもの・失ったもの

HACKDAYに参加するチームの平均参加回数はいくつなのでしょうか。私たちは今年で3回目ですので、最後に来年以降HACKDAYに参加するチームの皆さんにお役に立てる内容を少しだけ書いて終わりにします。

まず、HACKDAYでは失うものもあります。それは次の3つです。

  1. 有給(HAKCDAY後の翌月曜日)
  2. 11月から12月の毎週土日
  3. 働き方改革(徹夜しない強いきもち!)

他のチームはどんな感じなのでしょうか。私たちはHAKCDAYが好きすぎて、意識が高すぎるのかもしれません。これらを失って後悔はしません。ただ、ちょっぴり魂で開発するクセがついちゃいます。一方で、私が初出場した2年前には、HACKDAYで得られるとは思っていなかったけれども、実際の開発実務でとても役に立ったこともあります。

  1. チーム開発
  2. MVPを意識した開発
  3. コンセプトの大切さ

プログラミングスクールを卒業すると、エンジニア転職以外の卒業生は、なかなかチーム開発経験を積めません。特にエンジニアだけでなく、企画・デザイナーなどそれぞれの強みが異なるメンバーで一つ同じプロダクトをつくる経験は、私にとって貴重で重要な経験でした。知識不足でまだまだ気づけないときも少なくありませんが、職種ごとに異なる視点の違いに気づこうとする意識が身につきました。

次に、24時間で実際に使えるプロダクトを開発するときは、いかに開発しないかの決断が重要です。今年も参加者同士で対戦できるように通信を実装予定でしたが、それが #使ってもらうって嬉しいね にとってミニマルなのか?その実装をすることで、できなくなる実装は何か?を考え、今回は通信を実装しない決断をしました。しかし、全く手戻りのない開発なんてありませんから、途中まで挑戦してプログラミングやデザインを進めていたメンバーは毎回そこら辺をきちんと割り切ります。そのメンバーたちの度量の大きさに毎年感服します。

最後に、24時間で素敵なプロダクトを楽しみながら作るためには、共通のコンセプトが必要です。コンセプトが固まる前と固まった後の開発スピードがこんなにも変わるんだとビックリしました。コンセプトの最大の魅力は、決断の基準ができることかなと思います。また、コンセプトが固まれば固まるほど、不思議とプロダクトのネーミングもすーっと入ってくるのです。

おわりに

HACKDAYのテーマが #つくるってたのしいね なので、毎年年末になると「作るをいかに楽しむか」を考えさせられます。最初はやっぱり受賞狙いだたけれども、毎年絶対受賞しないんだけど、毎年絶対自分たちの作りたいものを作っているチームや面白おかしく楽しい発表した結果、途中でマイク切られるチームってすごく #つくるってたのしいね なんですよね。受賞していないチームもすごく魅力的だと気づけることは実際に参加してみないとわからなかったかもしれません。

HACKDAYのおかげで #つくるってたのしいね が少しずつわかってきました。そして、#使ってもらうって嬉しいね ってなってきました。ですから、2020年は、自分たちが作ったものでビジネスを作りたいと思ってます。作る楽しさに気づけたので、次は沢山の人に使ってもらいたいのです。